So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー データーロボ [パチンコ,波テクニカル攻略論,サムロー,台選び]

サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理論は、データロボをみるだけで、
大当たりが期待できる台がわかるなど、プロが使って利益を生み出している
実践ノウハウをそのまま使うことができます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!



パチンコで安定して勝つには、やはり台選びはデーターロボ等のデーター表示
システムがある店で打つことだと思います。


データーロボなら、ロボカードの会員になって、スマホなら月額300円(税抜き)
でサイトセブンから全国のホールのパチンコの出玉推移グラフや大当り履歴を
はじめとする詳細な出玉情報もわかりますからね。(全ての店ではない)


現在は、設置してあるホールも増えてきましたが、もっと設置店舗が増えてほしい
ものです。
波を読むためには過去のデーターを参考にしなければならないのは当然のことなんです
けど、大当たり回数だけでもある程度は予想できるかなと思います。


もちろん、グラグがあったほうがより正確に予測できるので、大当たり回数だけでの
判断は精度が落ちます。
やり方としては、なるべく各台の波状況をメモしておいて、明後日以降に生かすと
いいかもしれません。


例えば、過去3日の大当たりで予測してみるのもいいのかな♪
20回、15回、10回のように大勝ちしていた状態からだんだんと出が悪くなってきている
台は、不調傾向なので、当然波はダラダラしているかハマリ型が予想できます。
その為、打たないようにしたほうが賢明でしょうね。


逆に、6回、8回、7回というように少ない回数でも3日間に渡って横ばい推移しているなら
波は上向き傾向にあるかと。
ただ、いきなり爆発するということは考えにくいので、もう一日に様子をみたほうが
いいかもしれません。


ですが、翌日に大当たり回数が12、3回を越えているようなら狙い目かもしれません。
一番チャンスなのは、21回、12回、23回といったような、3日前に出て、2日前は
そうでもなく、前日は3日前以上に出たような台なのかなと思います。


このような台は、私の経験からいっても好調から爆発に立て続けになりやすいように
感じています。
その為、粘ってみる価値は大いにあるかもしれませんよ(^-^;


もちろん、機種によっても違ってくるので、何回か自分で予想を立てて上手くいき
そうなら実践してみるといいです。


ちょっと難しくて面倒くさいと思った方もいるかもしれませんが、あまり気にしない
でください。
慣れないうちは、やはりデーターロボ等で出玉推移グラフが表示される打つほうが
一番でしょう。


慣れてくれば、出玉吸推移グラフがなくてもある程度は波が分かるようになってくる
のかなと思いますが、普段からまめにデーター収集しておくといいですね。


このサムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理論は、データを見て台を選ぶときの
要領など、多少の慣れは必要だと思うんですけど、職人のような技術や長年の経験
などは必要はありませんから、誰でも実践できると思います。


いずれにしても、どうせ打つなら良い店で良く回る台を探し、波を読んだほが
効果的なのは言うまでもないでしょうね。('ω')ノ

波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!





nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 波の切り替わるポイント [パチンコ 波テクニカル攻略理論、サムロー、爆発台]

 波の切り替わる基準とは?
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理論は、たくさんのホールの
データーを分析し、波の切り替わるポイントなどがわかり、そこを狙い
打つことで、爆発台などで勝率を大幅に上げることが期待できます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!



波の切り替わるポイントは何を基準に波変化を掴めばいいのでしょうか?
時間がダメということは既にお伝えしましたね。


僕が思うに2つ考えれると思います。
一つはデジタル回転数です。仮に千回転程度で波が切り替わる台があった
とした場合、そこを狙って打てばよい波をとらえることが出来るのでは
ないでしょうか。


もう一つは、大当たり回転数でしょうね。
例をあげると、10回ごとに大当たりして波が変わるような機種は、そこを
狙えばいいということになります。


ですが、デジタル回転数を表示されるホールも以前に比べたら増えてきたと
はいっても、大当たりするとリセットされてしまうので、いちいち累積
回転数を計算したくてはいけません。


自分の台だけならまだいいですが、すべての台をやるとなるとちょっと無理
なので、実用的ではありません。
一方、大当たりが10回で波が変わるというようなら実現性があると思います。


何より、大当たり回転数を表示されるホールはいっぱいあるので、調子が悪い
状態から大当たりが10回起きれば、そこから波が別の型に切り替わると
予想されます。


そこで大当たりの回転により波の切り替わるポイントを分析すればいいと
いうわけです。


ただ、個人でやるとなるとやはりちょっと難しいかな。
何故なら、ホールデーターもたくさん集めないといけないからです。
パチンコ関係者に知り合いが多くいたりすればいいんでしょうけど。( ゚Д゚)


なお、上記であげたのはあくまで説明するための例えであって、実際には
千回転や10回転で切り替わるとは限らないので注意してくださいね。

波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!



nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー 粘る台とは? [パチンコ波テクニカル攻略理論、サムロー、立ち回り]

データー上で粘っても良い台とは?
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理論は、手出し無用のハマリ台の
見分け方も分かるようになることで、立ち回りで粘ることで勝てたり、逆に
負けてしまうというようなことも殆どなくなってきます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!



パチンコを打っていて、好調の状態がしばらく続くと、「そろそろハマるかもしれない」
といった考えが頭をよぎることはありませんか?


特に「もっと出るかも」と色気を出して粘ってみたものの、結局は出玉を大幅に減ら
して、がっかりという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。


「あ~ぁ、あこでやめておけば大幅に勝っていたのに」なんて思って後悔しても、
後の祭り。
ですが、あえていうと、好調気のサイクルが終わっても少し様子をみた方がいいです。


というのも、データー上では好調気の後にいきなりハマるというのは意外に少ない
からです。
軽いハマりを挟んで再び好調気に戻ったり、もしくはダラダラした後に再度出はじめる
というパターンが多いのです。


その為、少しくらいのハマりは耐えるという気持ちも必要かもしれません。
特に、最後のほうに確変を引いてサイクルをオーバーした時は、脈ありでしょう。
また、ハマりの目安としては、500回くらいです。


それ以上になると止めたほうが良いですね。
千円でデジタル回転数が20回にも満たないようなら、球の減り方が速すぎるので、
深追いは避けましょう


なお、ハマリの谷間に一気に爆発したり、もしくは好調気に入った後に、またダメに
なるという台は、おすすめしません。
このような台はこれから出るというように錯覚しがちですが、データー上はそうした
可能性は高くありません。


2割程度の期待は持てるかもしれませんが、それ以上のリスクがあるので割に
あいません。
たまに上手く行く時もあるかもしれませんが、あくまで偶然です。


やはりパチンコの収支を安定させるには、好調台の連チャン周期の部分を狙い
打ちできなければ難しいです

いうなれば、パチンコほど自分の腕がものをいうギャンブルはないでしょう。


波グラフが教えてくれる連チャン周期の特徴や爆発周期を 予測する方法を
実践記録から図解を使って説明してあります


波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー パターンから台を選ぼう [パチンコ,波テクニカル攻略論,サムロー,台選び]

基本のセオリーとは?
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理論は、勘に頼ることなく波の
パターンが分かることで勝つ台選びが出来るようになれます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!



パチンコの波のパターンには、大雑把に考えると「爆発」「好調」「ダラダラ」
「ハマリ」の4つに分けることが出来ますね。
実際に、この4パターンが組み合わさることにより、様々な波が出てきます。


例えば、波にメリハリがなく出玉の大きな変動がないだらだらした状態の時には、
「出るのか出ないのかハッキリしてくれ」と言いたくなりますが、だからといって
出ない方になってしまうのは困りものですよね。


データー上は、、このような場合は好調期に入る可能性が高いです。
その為、ハマらなくてラッキーと考え、粘った方が良い結果が出ることが
多いように思います。


そもそもパチンコは、ハマりさえしなければ十分に勝てるのですから、このような
場合には我慢して爆発を待つのがセオリーです。
もし、不幸にしてハマリ型に移行したとしても出玉が呑み込まれた時点でやめれば、
損害は少なくて済みます。


ですが、我慢できなくて止める人が多いのが実情ですが、少ないリスクでビッグ
ウエーブを掴むチャンスとも言えます。
特に持ち球が千円21回転以上なら粘る価値はあると思いますよ。


なお、データー上、ハマリの後にすぐに好調期になることは意外に少ないです。
出来れば、他人に打たせて様子をみたいものです。
2回続けてくらう台もあるので、そいうのは間違いなく死に台です。


例え、一気に爆発しなくても、ハマリさえ避けた台選びが出来れば勝てる
のですから、とにかくこの事を優先しましょう。


なお、もっと効率よく勝ちたい方は、サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略
理論の本編をご覧になって見て下さいね。

波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!




nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー 時間で出るのではないい [パチンコ 波テクニカル攻略理論、サムロー、時間]

 時間の狙い目はあるの?
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理論は、実際にホールでの実践結果に
基づいて作成しているので、朝、昼、夜と時間帯に関係なく活用できます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!



パチンコは時間の狙い目があると思っていませんか?
ですが、波を攻略する上で注意しなければいけないのは、時間で出るという考え方を
改めなければいけません。


そもそも台には、時計機能はないので、大当たり抽選には時刻は関係していないのです。
ただ、大当たりはスタートチャッカ―に入ったタイミングで決まり、これは時間的な
考え方になりますが、これはあくまで数百分の1という微妙なものであって、何時何分は
当たりやすいということではありません。


また、あのホールは「夕方は出る」などと言う人がいますが、多くの店では午後6時あたり
から客が増えてきます。
平日の午前中は比較的に客が少ないのが普通です。


夕方になって大当たりが発生しやすくなるのは、客が増えたからそれだけ大当たりが
増えたと考えた方が妥当でしょう。
朝から晩までフルに稼働している店であれば、夕方が出やすいと言ってもいいかも
知れません。


また、昼間の4時くらいまで全く出ていないようなデーターがあったとしたら、ハマリに
よるものか、それとも誰も打っていなかったのか判別がつきません。
いくら優秀台でも、誰も打っていなければ当たらないのは当然なので、ハマリというのは
間違いでしょう。


このように時間の考えにとらわれてしまうと、波が読めず、間違った認識を持ちやすく
なります。
きちんとデーターをとって、客の数(稼働率)なども考慮して、それでも時間で出るという
決論になったらいいのですが、単に大当たり回数が多いということだけで判断するのは間違い
の元で、損することが多いのでやめましょう。

パチンコ台の好調期を判別する方法

波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!





nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー 波が読めない原因 [パチンコ 波テクニカル攻略理論、サムロー、原因]

 波が読めない原因とは?
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理論は、裏付けを持って正しく実践すれば
勘や運にに頼らなくても、勝率を大幅に上げることが期待出来ます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細を見てみる



波を読めればパチンコで負けることはなくなりますね。
誰しも波を読もうとしてあれこれ試行錯誤しているのに、殆どの人は思うように波が読めない
で負けてしまっています。


実際に、全てのパチンカーのうち、およそ95%の人がが負け組と言われ、年間収支が
赤字になっています。
では、残りの5%の勝組みの人が全て波が読めるのかといえば、そうではなく、良く回る
ボーダーラインを越える台を探す、他の攻略法などを使っているかのどちらかでしょう。


このように、波を読める人は少ないのではないかと思われます。
その原因としては、きちんと数字をみずに直感で判断したり、例え数字を見たとしても、
最終的には勘に頼っている人が殆どからです。


あなたも「昨日でなかったから今日は出るだろう」というような単純な思考で台を選んで
いませんか?
これでは、波が読めなくても当然でしょう。


大事なのは、あくまでも数字の裏付けを持って理論的に臨まないと波は読めないんですね。
ただ、波のパターンを分類すると無限になり、丸1日打ったとすれば、大当たりパターンは
数兆通り以上でしょう。


その為、厳密に分類するのは現実的てはありません。
結局は、出たか、ハマったkか、あるいはダラダラの出入りの少ない状態ではないでしょうか。


そして、ハマった後には爆発するなど決まっていればいれば楽ですが、それだと誰にでも
波が読めてしまい、負ける人がいなくなっていまいますよね。
ですので、もうひとひねり必要です。


どの波からどの波に移行するかは機種によって違いはありますが、まずは大抵の機種に
当てはまる共通のポイントを知るだけでも、これまでよりはパチンコの勝率がアップ
するでしょう。


いずれにしても、パチンコは普通に打てば負けるのが当たり前です。
だからと言って、意味なく変わった打ち方をすれば、それ以上に負けてしまう可能性も高く
なります。


将棋でもプロとアマチュアの差がはっきりしているように、パチンコも打ち方によって
収支に差が出るのは歴然で、将棋よりはパチンコのプロになるほうが100倍は簡単
でしょう。

波テクニカル攻略理論の詳細を見てみる






nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー 確率 [パチンコ、波テクニカル攻略理論、サムロー、確率]

 パチンコは不完全確率!
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理は、波を読めるようになることで
好調期を狙ったり、ハマりを回避することが出来るようになることで、お金の
掛かる遊びから儲かる趣味、副業に変えることが出来ます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!



パチンコは儲からないと思っていませんか?
そもそもパチンコの大当たり抽選の仕組みは、何の意図も作為もなく、完全にランダム
に抽選する完全確率方式と一般的に言われていますよね。


確かに長い目で見れば、確率通りに落ち着きますが、これは膨大な数の大当たりを重ねた
ものを平均したら、気づいた時にはその通りになっただけであり、当たらないからと言って
大当たりの確率がアップするわけではありません。


もし、パチンコ台が完全確率だったら「ハマったら出る」など、法則性は一切認められず、
波は読めないということになり、攻略の余地なしということになってしまいます。


では、世の中に本当にランダムなんてあるのでしょうか?
それにに近いものはありますが、世の中には存在せず、どこかに何かしらの作為が入って
いるのが普通です。


そして、限りなく近いのがサイコロでしょう。
しかし、これとて振り方によってはある程度の偏りが出ます。
事実、サイコロを使った賭博に八百長がありますよね。


熟練した人なら、100%ではなくても自分の意図した出玉をある程度狙って出すことが
出来ます。


また、プロでなくてもその人の振り方の癖やサイコロ自体の微妙な作りの違いによっては
出玉に偏りが出る可能性があると思います。
同様の理由で、ルーレットなどでも完全確率とは言えないでしょう。


では、パチンコはどうなのかといえば、やはり不完全な部分が多くあるんですね。
もし、完全なら波は読めないということになり、不完全であるなら波に一定のパターン
などが生じ、波を理論的に読むことは可能になるわけです。


完璧に波を読むことが出来れば、1日で10万でも20万でも勝つことが出来ると思いますが、
実際には完璧には無理でしょう。
それでも1日に5万ぐらいは平均して勝てる可能性はあるでしょう。


いずれにしても、パチンコほど腕がものをいうギャンブルありません。
何故なら、台選びや立ち回り、攻略法などの打ち方で収支に差が出て、勝率が大きく変わる
からです。


ただ、波を読むと言っても人それぞれの思い込みだったり、勘違いなどの根拠のないパチンコ
攻略法も巷には多くありますので気をつけて下さい。
特に安易で単純なものは疑ってかかった方が良いでしょう。

波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!





nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー 爆発台の見分け方 [パチンコ 波テクニカル攻略理論、サムロー、爆発台]

 爆発台の特徴を知りたくありませんか?
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理は、わずか千円で大当たりを予測し、
爆発台の見分け方や選び方までがが分かるようになれます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!



前日の爆発台は翌日に狙い目だと思いますか?
特にパチンコを朝イチから打つことが多い人は、気になるものですよね。


よくホールの方から聞くことに、「今の台は、朝に電源を入れた瞬間にその日の台の
性格が決まる」とも言います。
基本的には、前日の閉店間際に確変などが残っていても、翌日の朝に電源を入れれば、RAM
(ランダム・アクセス・メモリー)がクリアしてしまうので、全てがリセットされてしまうと考ええて
間違いないでしょう。


とは言え、どんな出方をする性格の台になるかは誰にも分かりません。
もしかしたら、前日の爆発台の性格を受け継いで、朝イチから爆発してくれるかもしれませんね。
その為、ひとつの方法として、前日の爆発台を軽い気持ちで狙ってみるのもありでしょう。


ただ、私の経験から言えば、前日閉店時に3連チャンくらいして確変が残っていた台を、翌日に
気になって打ってみると、比較的に早い段階で初当たりがくることが多いように感じます。


ですが、その一方で、前の日の余韻が残っていると思い調子に乗って打ち続けていると、うんとも
すんともいわなくなってしまうんですね。
たとえ、初当たりが早くにきても、それが単発やワンセットばかりだと大きく勝てないどころか、
結局負けてしまいます。


その為、必要以上に追いかけるのは危険とも言えるので、その当たりの見極めが大切になってくる
でしょう。
また、どうしても確変のまま閉店を迎えてしまった台は、感情的になりやすいものなので、気をつける
必要があります。


どちらにしても、パチンコ台の調子(状態)がわかる唯一のデータは波グラフなのです。
爆発台を見分け方や選び方は難しいのですが、波グラフには多くのパチンカーが、しらない
テクニカルサインなどの特徴があります。
波グラフの2週間程度の動きをデーターにすれば、ある程度狙う事も出来る筈です。


なお、波テクニカル攻略理論では大当たりの周期の正体を波グラフによって分析してあるので、
パチンコ台の大当たり周期パターンが学べ、直ぐにでも爆発台の見分け方が知りたい方は参考になる
でしょう。

波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!





nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー グラフを見て予測 [パチンコ、波テクニカル攻略理論、サムロー、予測]

 出玉推移グラフを見て先を占おう!
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理は、爆発台や好調台の予測できる判別法が
学べることで、無駄な負け額を減らし安定して勝つことが出来るようになれます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細を見てみる



スランプグラフを見ていますか?
現在のほとんどのパチンコ店にはスランプグラフがあり、これによって台の周期の良し悪し
がある程度判別できますね。


とは言え、スランプグラフの何を基準に打てば良いのか分からない人も多いでしょう。
例えば、グラフが下がり続けている台があり、それがいきなりピョーンと上がる前には
独特の特徴があるんですね。


閉店間際に、ドン底ンから少しだけ復活の兆しもある台は翌日出ていることが比較的多く、
じわじわと調子が下降気味の台も復活もゆっくりな傾向があるのす。


とは言え、新しいホールでは波が直線的で折れ線グラフのような精度の悪いグラフが目立つ
ようになってきました。、
また、三日間の波が続いて表示されるタイプの以前からあるものもそれほどリアルな波で
はないですが、攻略できるレベルでしょう。


いずれにしても、負けた日は必ず、次の日の好調台の予測の手掛かりを掴むことが大切です。
データーを見て、次の日に打つ台は、3台くらい絞り込んでおくと良いですね。
1番候補が必ず座れるとは限りませんし、他人に取られて焦らない為にも、おさえとしてあと
2台くらいは決めておくと良いです。


朝の台取りはその日の8割近くを占めるといっても過言ではなく、重要なパチンコ攻略法なの
です。
また、意外と第2候補が爆発するということもあるかもしれません。


ただ、狙っていた機種のシマ全体を諦めなくてはいけない場合もあります。
開店時の入場がどの同じようになっているのかを考えて、同じ機種から2~3台候補をあげるか、
ホールによって使い分けることも必要でしょう。


そして、波をみて出玉推移情報がすぐに見てわかるのは波グラフだけですし、他の台との周期の
比較も波グラフでしか分からないので、これまでを負けを取り返すためにも活用して見ると良い
でしょう。

朝が早い好調台の狙い方をお教えします!

波テクニカル攻略理論の詳細を見てみる






nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー 立ち回り [パチンコ波テクニカル攻略理論、サムロー、立ち回り]

 パチンコで勝つ為に必要な立ち回りとは?
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理は、安定して勝つ為の立ち回りが出来る
ようになり、根拠のある台を選んで納得のいくパチンコができるようになれます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細を見てみる



パチンコで勝ったり負けたりと、収支が安定しないでいませんか?
パチンコの必勝法は昔から粘りと根性となどとも言われることもありますが、これはホール側が
お客さんに求めている理想像であって、粘りは必要はなく立ち回りが大切です。


逆に、パチンコで負けるのは無駄な粘りにあるんです。
そして、やっぱりすぐ当たる台というのは挙動が違います。


それを見逃さずに好調の波に乗ることが出来れば、大きなハマりに悩まされることはなくなる筈です。
その為には日頃のチエックが大切になってきます。


台を移動する時には、その上にあるデーターランプや波グラフを参考にし、昼間出ていなかった台や、
夕方頃から上り調子になる台などは、夜になって一気に爆発することも考えられます。


また、何日も爆発が続いている台も狙い目かも知れませんね。
演出に偏りがあるように、台にも波はあります。


最近では数週間しかたたないのに外されてしまう台も珍しくありませんが、それくらいの期間で
あれば導入されてから撤去されまでずっと出っ放しの台や、まったく爆発することなく終わって
しまう台も十分にあり得るでしょう。


その為、数日間のデーターがあまりにも偏っている台は打ってみる価値はあるかもしれませんね。


いずれにいても、パチンコで勝ちたいならデーターランプや波グラフなどを見ることもなく、台が
空いているからといって、目の前の台にすぐに座って打つてはいけません。
これは、日中働いているサラリーマンなどに多く見られる傾向です。


また、人気店などはどのシマも満席で、すぐに空いた席を確保しないと何も打てないということが
あるかもしれませんが、座った台が当たる気配もなく、ウンともスンとも言ってくれない不調の
真っただ中の台だったら、お金をつぎ込んでも一度も大当たりすることなく大負けすることになり
かねません。


いずれにしてもパチンコで安定して勝ちたいなら、立ち回りが大切になり、他の台と比べること
なく無条件で座ってダメです。
どんなに混雑していても、他の台が空くのを待って比較して打つか、良い台がないと思ったら
打つのはやめましょう。



本当にパチンコで勝率を上げたいなら、それぐらいの気持ちは必要です。
全くハンドルを握ることなく帰る日があっても、それは当然の立ち回りです。


そして、サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理で学べば、波グラフが読めるようになれ、
爆発台や好調台の判別法、ハマり台の見分け方などもわかり、もっとも勝ちに近い立ち回りが
出来るようになり、自信と優越感を持ってホールへ向かうことが出来るようになれるでしょう。

波テクニカル攻略理論の詳細を見てみる





nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ
前の10件 | -