So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
パチンコ波テクニカル攻略理論、サムロー、立ち回り ブログトップ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー 粘る台とは? [パチンコ波テクニカル攻略理論、サムロー、立ち回り]

データー上で粘っても良い台とは?
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理論は、手出し無用のハマリ台の
見分け方も分かるようになることで、立ち回りで粘ることで勝てたり、逆に
負けてしまうというようなことも殆どなくなってきます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!



パチンコを打っていて、好調の状態がしばらく続くと、「そろそろハマるかもしれない」
といった考えが頭をよぎることはありませんか?


特に「もっと出るかも」と色気を出して粘ってみたものの、結局は出玉を大幅に減ら
して、がっかりという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。


「あ~ぁ、あこでやめておけば大幅に勝っていたのに」なんて思って後悔しても、
後の祭り。
ですが、あえていうと、好調気のサイクルが終わっても少し様子をみた方がいいです。


というのも、データー上では好調気の後にいきなりハマるというのは意外に少ない
からです。
軽いハマりを挟んで再び好調気に戻ったり、もしくはダラダラした後に再度出はじめる
というパターンが多いのです。


その為、少しくらいのハマりは耐えるという気持ちも必要かもしれません。
特に、最後のほうに確変を引いてサイクルをオーバーした時は、脈ありでしょう。
また、ハマりの目安としては、500回くらいです。


それ以上になると止めたほうが良いですね。
千円でデジタル回転数が20回にも満たないようなら、球の減り方が速すぎるので、
深追いは避けましょう


なお、ハマリの谷間に一気に爆発したり、もしくは好調気に入った後に、またダメに
なるという台は、おすすめしません。
このような台はこれから出るというように錯覚しがちですが、データー上はそうした
可能性は高くありません。


2割程度の期待は持てるかもしれませんが、それ以上のリスクがあるので割に
あいません。
たまに上手く行く時もあるかもしれませんが、あくまで偶然です。


やはりパチンコの収支を安定させるには、好調台の連チャン周期の部分を狙い
打ちできなければ難しいです

いうなれば、パチンコほど自分の腕がものをいうギャンブルはないでしょう。


波グラフが教えてくれる連チャン周期の特徴や爆発周期を 予測する方法を
実践記録から図解を使って説明してあります


波テクニカル攻略理論の詳細はこちら!







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パチンコ

パチンコ 波テクニカル攻略理論 サムロー 立ち回り [パチンコ波テクニカル攻略理論、サムロー、立ち回り]

 パチンコで勝つ為に必要な立ち回りとは?
サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理は、安定して勝つ為の立ち回りが出来る
ようになり、根拠のある台を選んで納得のいくパチンコができるようになれます。



>>波テクニカル攻略理論の詳細を見てみる



パチンコで勝ったり負けたりと、収支が安定しないでいませんか?
パチンコの必勝法は昔から粘りと根性となどとも言われることもありますが、これはホール側が
お客さんに求めている理想像であって、粘りは必要はなく立ち回りが大切です。


逆に、パチンコで負けるのは無駄な粘りにあるんです。
そして、やっぱりすぐ当たる台というのは挙動が違います。


それを見逃さずに好調の波に乗ることが出来れば、大きなハマりに悩まされることはなくなる筈です。
その為には日頃のチエックが大切になってきます。


台を移動する時には、その上にあるデーターランプや波グラフを参考にし、昼間出ていなかった台や、
夕方頃から上り調子になる台などは、夜になって一気に爆発することも考えられます。


また、何日も爆発が続いている台も狙い目かも知れませんね。
演出に偏りがあるように、台にも波はあります。


最近では数週間しかたたないのに外されてしまう台も珍しくありませんが、それくらいの期間で
あれば導入されてから撤去されまでずっと出っ放しの台や、まったく爆発することなく終わって
しまう台も十分にあり得るでしょう。


その為、数日間のデーターがあまりにも偏っている台は打ってみる価値はあるかもしれませんね。


いずれにいても、パチンコで勝ちたいならデーターランプや波グラフなどを見ることもなく、台が
空いているからといって、目の前の台にすぐに座って打つてはいけません。
これは、日中働いているサラリーマンなどに多く見られる傾向です。


また、人気店などはどのシマも満席で、すぐに空いた席を確保しないと何も打てないということが
あるかもしれませんが、座った台が当たる気配もなく、ウンともスンとも言ってくれない不調の
真っただ中の台だったら、お金をつぎ込んでも一度も大当たりすることなく大負けすることになり
かねません。


いずれにしてもパチンコで安定して勝ちたいなら、立ち回りが大切になり、他の台と比べること
なく無条件で座ってダメです。
どんなに混雑していても、他の台が空くのを待って比較して打つか、良い台がないと思ったら
打つのはやめましょう。



本当にパチンコで勝率を上げたいなら、それぐらいの気持ちは必要です。
全くハンドルを握ることなく帰る日があっても、それは当然の立ち回りです。


そして、サムローさんのパチンコ 波テクニカル攻略理で学べば、波グラフが読めるようになれ、
爆発台や好調台の判別法、ハマり台の見分け方などもわかり、もっとも勝ちに近い立ち回りが
出来るようになり、自信と優越感を持ってホールへ向かうことが出来るようになれるでしょう。

波テクニカル攻略理論の詳細を見てみる





nice!(0) 
共通テーマ:パチンコ
パチンコ波テクニカル攻略理論、サムロー、立ち回り ブログトップ